D7について

News

Decon 7 Systems LLC

Decon 7 Systems LLCは2012年に設立され、本社はアリゾナ州のスコッツデールにあります。弊社が設計、製造した製品はCBRNE(化学 (chemical)・生物 (biological)・放射性物質 (radiological)・核 (nuclear)・爆発物 (explosive) )環境に適応し、消毒、脱臭、中和、除染、有毒な化学物質、生物兵器、爆薬と火災からの脅威を軽減し抑制するために用いられます。

現在までD 7はアメリカ軍で26年近く化学兵器と生物兵器の消毒技術に新たな基準を提供してきました。

弊社は化学製品と投薬設備以外に、私達の戦術浄化設備を全世界の作戦部隊に迅速で有効とされる対応能力を提供しています。弊社の薬品を使用する器具と対応ツールは除染の過程の総面積を減少し、同時に接触時間を短縮することにより、除染過程の時間を減少することにより、汚染を伝播するリスクを減らす事が出来ます。弊社の設備はそのモジュール化と迅速な手配の計画を通じてこの目標を実現します。更に弊社の製品は非常にコンパクトなアプリケーションツール使うことによって大きい浄化設備が入れないエリアの除染作業も容易にできます。

経験豊富な弊社スタッフはあらゆる情況での複雑な操作の対応を行っております。また、安全性が高い製品の為飲食業界でも活躍しています。弊社の使命は顧客に用途の広い除染剤と化合物、及び戦術によっての良質なCBRN除染製品を提供することです。

生産

Decon 7 Systemsは2012年5月からD7の調合法の提供を開始しました。

歴史的な生産量

-2002年から2013年年度まで米国の国防部に229,738ガロンを提供し、

-2002年から2013年年度まで非米国の国防部に99,807ガロンを提供した。

Decon 7-D7生産数量-1,500,000ガロン(2019年4月1日まで)

Decon 7システム、LLCはD7と戦術浄化設備が最も活発かつリードしているメーカーです。弊社のチームは毎年世界の50以上の会議や展示に参加しています。また、弊社の販売担当の従業員は過去一年の間で2倍に増加しています。除染市場は拡大し人々の関心は強く弊社は販売代理店、チームメイトとパートナーにより多くの販売と技術を提供しています。弊社の販売と技術チームは工業と軍事経験が豊富な専門家を配備されていて、この経験は作戦区域内でCBRNEと除染作業を行うだけではなく、政府の仕入れ、契約評価/執筆と提案執筆/評価を通じて、簡単な仕入れと複雑な主要なサプライヤーの契約を行うことを含みます。そのため、弊社は弊社のパートナーのサプライヤーであるだけではなく、CBRNE市場の各方面をカバーします。

人物

Mark D.Tucker博士はニューメキシコ州アルバカーキにあるサンディア国立研究所(Sandia National Laboratories)から退職し、35年間の優れた技術者としてのキャリアを終えた。サンディア国立研究所にいる間に、彼の研究は化学と生物兵器、その他の有毒な化学物質と生物兵器の除染技術の革新に集中していました。彼はオリジナルのサンディア除染泡技術の共同発明者であり、D7調合法の改良と強力にする発明者でもありました。彼は現在までに浄化とその他の技術に関する18件の米国の特許を保有しています。サンディア国立研究所に在任中、Tucker博士はアメリカ国土安全部とアメリカ国防部が援助するいくつかの大型プロジェクトの主要な技術貢献者および、主要な技術ライターであり、これらのプロジェクトの重点は迅速な開発、実施の流れ、プログラムと技術である。化学と生物兵器あるいはその他の猛毒材料に侵された後どのように基礎施設、資産と市街地を回復するか、Tucker博士はこれらのソフトウェアのモデリングとシミュレーションアプリケーション開発のプロジェクト責任者および/または主要技術貢献者であり、これらプログラムの重点は化学、生物あるいは放射学の試薬の放出後の回収方案と資源需要を分析することである。Tucker博士は1980年パデュー大学にて工程学士学位を取得しました。1983年にテキサス大学オースティン校機械工程学士学位を取得し、1997年にニューメキシコ大学の土木工程の博士学位を取得しました。

Joe HillはCBRNEの技術と業界の専門家で、アメリカ海兵隊に10年間に在籍して、16年間の業界経験を持っております。彼は何度も「イラクの自由軍事行動」を支持し、業界のあらゆる方面で仕事を行い、それには後方勤務、運営、訓練、技術サービス、プロジェクト管理と商業戦略を含んでおります。海兵隊の現役期間、JoeはCBRN防御システムを企画、雇用と調整して、CBRNE偵察システム、生物製剤検査システム、浄化システム及びその他のCBRN危害測定と警報システムを含む作戦活動、さらにWMD部隊保護計画に携わっていました。                                                    

CBRNの民政部門への防御支援、脆弱性の分析、CBRN敏感なサイト評価/開発、WMD除去、CBRN偵察やCBRN浄化などの資産と作業の協調を行った。監督、協調と協力で安全を保障する、施設の安全/防御と「CBRN防衛」計画は「イラクの自由軍事行動」で15個の海兵隊と船員を支持し、これらの海兵隊と船員は3つの国/地域の20個の基地と船10隻に配置されました。以上の行為で彼は海外戦闘区域の就役期間中の数々の表彰を獲得しております。彼は現在にDecon 7システムの技術専門家とセキュリティ防衛と国防高級副総裁を担当しております。

Mike ElwoodはCBRNEの技術と工業の専門家で、アメリカ海兵隊に20年間に在籍し、CBRNE専家と仕入れの専門家を務めている。彼は何度も「イラクの自由軍事行動」を配置され、CBRNEに関連した化学弾薬と場所開発及び複雑な浄化行動を含む多くの任務を実行した。 Elwoodは最後に海兵隊システム司令部に就役したのは、「盾」「維持」のプロジェクトでありました。彼は現在にDecon 7システムの技術専門家、国防業務の開発と全国販売マネージャーを担当している。 Stephen Audetは軍事と民用分野のCBRNEテーマ専門家です。彼の軍事経験は除染とサンプリング操作を含む、それ以外に、アメリカ陸軍と無通知応答の技術護衛部隊を行ったことがあります。OIF/OEF配置期間中、一組が414人以上の兵士を指導して化学と生物兵器を回収、緩和と廃棄することを行いました。50個を超える簡易爆発装置を分析し、サンプルを用意し、合同爆発グループ(CEXC)に報告して、多数の反乱分子を逮捕しました。民用の経験:すでに10年間にUSMCとDecon 7 LLCで地域契約の後方勤務支持のチーフトレーナーを務めている。高度な専門的な操作と技術による除染操作の経験があります。USMC CBRNEと爆発物処理(EOD)単位の開発と協調、訓練を提供しました。対象は人員、建物、設備、防護姿勢装置(PPE)、検測及び分析装置の除染技術を含む。彼は現在に、Decon 7システムの技術専門家と販売開発代表を務めている。